Mozilla Flux

Mozilla関係の情報に特化したブログです。

Firefox

Firefoxでレガシーなアドオンが使えるのは2017年11月半ばまで

窓の杜で既報だが、The Road to Firefox 57 – Compatibility Milestones | Mozilla Add-ons BlogでWebExtensionsへの移行プランが発表された。周辺情報も交えつつ解説しよう。まず、今回の移行プランでは、WebExtensions限定化の時期がFirefox 57のリリース…

現在開いているタブの隣に新規タブを開く(Firefox 51以降)

既にはてなブックマークには記録した情報で、Twitterにも流しているが、使っていて便利な機能なのでブログでも紹介しておきたい。Firefoxのタブバーには、一番右端に表示されているタブの右隣に新規タブボタンがある。「+」のアイコンが目印だ。このアイコ…

Firefox 51から53までWebゲームプラットフォームとしての機能を段階的に強化(再追記あり)

MozillaはこれまでもFirefoxをWebゲームの強力なプラットフォームにすべく改良を重ねてきたが、Firefox 51以降の3バージョンの間にそのステージを1段階引き上げる。3Dの表現力だけならPlayStation 3/Xbox 360世代に匹敵する水準となり、ゲームのロードから開…

2017年10月上旬までにWindows向け64bit版Firefoxの自動アップデートが開始(追記あり)

Mozillaは、米国時間の2017年3月7日にリリース予定のFirefox 52でAdobe Flash以外のプラグインのサポートを終了させた後、64bit版へのシフトを本格的に進めていく。同年4月18日にリリース予定のFirefox 53では、適格性のあるWindowsユーザーに対し軽量インス…

Chrome向けFeedlyはてブ拡張をFirefoxで使う方法

2016年末にFeedlyをはてブ対応させるChromeエクステンションがChromeウェブストアで公開された。Otchy氏が自作のユーザースクリプトを拡張機能化したもので、Feedlyのリスト画面にはてなブックマークの数を表示してくれる。ユーザースクリプト版がFeedlyの仕…

FirefoxのWindows XP/Vistaサポートが2017年9月で終了へ(追記あり)

Windows XP/Vista上のユーザーが通常版のサポートを受けるのは、Firefox 52で最後となり、その先は法人向け延長サポート版(ESR)に切り替わってサポートが続く(Bug 1318922)。つまり、Firefox 53ではなくFirefox ESR 52.1へと自動アップデートされる。ES…

デスクトップ版Firefox 57で拡張機能はWebExtensionsベースに限定化

Mozillaは、Add-ons in 2017 | Mozilla Add-ons Blogにおいて、Firefox 57のリリース(2017年11月28日:米国時間)に伴い、デスクトップ版ではWebExtensionsベースの拡張機能だけを読み込む措置を執る旨を明らかにした。XUL/XPCOMベースやAdd-on SDKベース…

Firefox 50で拡張機能を入れた場合のパフォーマンスが改善

Firefox 50は、当初2016年11月8日(米国時間)に予定されていたリリースが、11月15日に延期されている。リリース直前に大きめの修正(Bug 1309350、Bug 1309351)を入れたので、様子を見る必要があったというのが、延期の理由だ。この修正により、Add-on SDK…

MozillaはQuantumプロジェクトで過去と訣別し、未来に賭ける

次世代のWebエンジンを構築 Mozillaが最近発表したQuantumプロジェクトは、Firefoxのエンジン部分にあたるGeckoを次世代のWebエンジンへと進化させ、パフォーマンスの飛躍的進歩(quantum leap:直訳は量子跳躍)をもたらす*1。Mozilla Corp.でHead of Platf…

FirefoxのFlashサポートがいつまで続くか予想してみる

段階的に減らされるFlashのサポート MozillaがFirefox 52でNPAPI(Netscape Plug-in API)プラグインのサポートを原則として打ち切る中、例外的にAdobe Flashプラグインだけはサポートが続く。プラグインが最新版であれば初期設定で「常に有効化する」扱いに…

Firefox 52以降はFlash以外のプラグインが使用不可に こっそり使い続ける方法とは

MozillaはFirefox 52でプラグインのサポートを大幅に縮小する。具体的には、自動的にインストールされるもの(OpenH264 Video CodecやWidevine Content Decryption Module)を除くと、サポートされるのはAdobe Flashプラグインだけとなり、他のプラグインは…

Firefox 52からWindows XPはESRでのサポートへ移行 Vistaもやや遅れて追随か(追記あり)

Firefoxが通常版でWindows XPをサポートするのはバージョン51までであることが明らかになった。バージョン52以降は法人向け延長サポート版(ESR)でのみサポートされる(Bug 1303827)。もともとこの話はFirefox 46のリリース前からあって、XP上のFirefoxユ…

Windows向けFirefox 52で64bit版が主役に 2017年後半には自動アップデートも提供へ(追記あり)

Windows向け64bit版Firefoxは、2014年11月に発表されたプランからすると提供がかなり遅れており、Mozillaとしても慎重ならざるを得なかったのか、これまで新たな計画が明らかにされることはなかった。だが、ここにきてFirefox/Win64 - MozillaWikiに具体的な…

Firefoxは2017年も変則的なリリース間隔を採用

2016年に入ってから、Firefoxのメジャーアップデートのリリース間隔は6週間に固定されなくなったが、この方針は2017年も継続される。RapidRelease/Calendar - MozillaWikiに記載されているとおり、6週間から8週間の変則的なスケジュールが採用され、年に7回…

Placesデータベースの読み書き処理を大きく減らす裏技(Firefox 49以降)

Firefoxはブラウジング履歴やブックマークなどの情報をPlacesと呼ばれるSQLiteデータベースに記録している。Placesが壊れてしまうとブックマークが失われたり、ロケーションバーからうまく候補を呼び出せなくなったりするため、Firefoxはジャーナルモードと…

Firefox 49でChrome・Safariを基準に作成されたコンテンツの表示精度が向上

Firefox 49では、既存のコンテンツとの互換性を高めるため、-webkit-のベンダープレフィックス(以下「webkit接頭辞」)がついたCSSプロパティや属性を多数サポートしている。layout.css.prefixes.webkitが初期設定で有効化される(Bug 1259345)ことによる…

Firefox 48でスマートロケーションバーのデザインが変更 元に戻す設定はなし

Firefox 48のリリースが目前に迫っている。このバージョンの目玉となるのがマルチプロセス機能(e10s)の有効化、Mozillaが推しているのがダウンロード保護の強化という事情もあって、あまり日が当たらないものの、使い勝手の観点からスマートロケーションバ…

速報:Firefox 49本体からFirefox Helloが削除

Firefox 49本体からFirefox Helloが削除されたことが判明した(Bug 1287827)。Mozilla plans to remove Hello from Firefox 49 - gHacks Tech Newsで既報だが、該当バグのステータスはRESOLVED FIXEDとなっており、確定事項だ。米国時間の2016年7月19日時点…

Firefox 48から一部環境でマルチプロセス機能(e10s)が有効化 Firefox 53で完全実施へ(再追記あり)

アドオンをインストールした環境は対象外 Firefox 48リリース版では、ついにマルチプロセス機能(e10s)の有効化が開始される。ただし一部環境では、という留保つきだ。有効化された環境では、Webページを閲覧中にクラッシュやハングが発生しても本体が巻き…

FirebugはFirefox 49本体に統合 現行の2.0.x系列はマルチプロセス機能(e10s)に対応せず

Firebugは2006年から開発が続けられているWeb開発者向けツールで、「あなたはあらゆるWebページのCSS、HTML、及びJavaScriptをリアルタイムに編集、デバッグ、またはモニタすることが出来ます。」というのがうたい文句だ。Firefoxの拡張機能の中で最も有名な…

Firefox 49本体のみで履歴等データベースのVACUUMが可能に

FirefoxはSQLiteというデータベース管理システムを用いて履歴とブックマークを管理しており、このデータベースのことをPlacesと呼ぶ。具体的にはplaces.sqliteというファイルだ。places.sqliteの肥大化と断片化はFirefoxのパフォーマンスを低下させるおそれ…

Firefox 50でページ内検索結果の表示方法が変更(再追記あり)

Firefox page search improvements - gHacks Tech Newsで既報のとおり、Firefox 50ではページ内検索結果の表示方法に変更が加えられた(Bug 384458)。ヒットした結果が目立つように、背景が薄暗く表示される一方、対象項目はかなり明瞭な形で強調表示される…

Firefox 49で追加された「最近のブックマーク」の表示を消す

Firefox Developer Editionがバージョン49.0a2へとアップデートされた。アップデート後にブックマークメニューを開くと、目立つ位置に"Recently Bookmarked"という欄ができ、5項目のブックマークが並んでいるのに気付くだろう。この「最近のブックマーク」は…

Firefox 47におけるアドオン利用の注意点

Firefox 47のバージョンアップ後、アドオン(拡張機能やプラグインなどの総称)を使っていて「あれっ?」と思ったら、以下の点を確認してみてほしい。 デジタル署名の強制を無効化する設定は残存 デジタル署名が付されていない拡張機能をインストール可能に…

Firefox 49からCPUのSSE2命令サポートが必須化

2016年9月13日(米国時間)にリリース予定のFirefox 49以降、SSE2命令をサポートしたCPU上でのみ動作するよう変更が加えられる(Bug 1271755)。これはWindowsに限らず、デスクトップ版Firefoxすべてに共通する措置だ。サポートされていないマシンには、Fire…

Mozilla、Microsoft、Operaが拡張機能のコアAPIの標準化を提案

Mozilla、Microsoft、Operaの三社は、2016年5月2日(米国時間)、W3CのBrowser Extension Community Groupのメーリングリストにおいて、ブラウザの拡張機能におけるコアAPIやマニフェスト、パッケージを標準化することを共同で提案した。今後はGitHubで仕様…

拡張機能のデジタル署名の有効期限問題

最近、多数の拡張機能が一斉に更新されたことに気付いた方も多いのではないだろうか。Firefoxのアドオンマネージャから個別の拡張機能の項目を開くと、名称が例えば"Make Link 11.03.1-signed.1-signed"のようになったものが見つかるはずだ。この.1-signedは…

OS X 10.6/10.7/10.8のサポートはFirefox 47まで Windows XPのサポートは当面継続(追記あり)

ESR版以外は8月まで Mozillaは、FirefoxにおけるOS X 10.6/10.7/10.8のサポートを2016年8月で終了すると発表した。サポート終了後もFirefoxを使い続けることは可能だが、新機能やセキュリティアップデートの提供は受けられなくなる。現在の予定では、Firef…

FirefoxのBeta版をそれと気付かずに使うユーザーが多いらしい

Mozillaが最近調査したところによると、FirefoxのBeta版ユーザーの多くは、Beta版を使用していることに気付いておらず、アップデートが多すぎると文句を言う人も少なくないのだそうだ。たしかに、アップデートの頻度はずいぶん違う。リリース版なら次のメジ…

高負荷環境に強いFirefox 45 速度重視なら64bit版も選択肢に

当ブログでは、Firefoxの延長サポート版(ESR)のメジャーアップデート時期を開発の区切りとみて、Web上で実行可能なベンチマークの測定結果を公開している。Firefox 45がリリースされた今回は、Firefox 38との比較を行う。また、Windows向け64bit版が「各国…