読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mozilla Flux

Mozilla関係の情報に特化したブログです。

Mozilla、Microsoft、Operaが拡張機能のコアAPIの標準化を提案

Mozilla、Microsoft、Operaの三社は、2016年5月2日(米国時間)、W3CのBrowser Extension Community Groupのメーリングリストにおいて、ブラウザの拡張機能におけるコアAPIやマニフェスト、パッケージを標準化することを共同で提案した。今後はGitHubで仕様…

ElectronアプリがGecko上で動く未来

Mozillaは、Electron APIをGecko上で動作させるためのラッパを開発中で、その開発プロジェクトはElectron(電子)を踏まえてPositron(陽電子)と呼ばれている。今のところまだElectronベースのアプリを走らせることができるまでには至っていない。Electron…

MozillaがProject Tofinoでブラウザの新たなあり方を模索中

新たなパラダイムの探究 Firefoxはその成功ゆえに革新が難しくなるというイノベーションのジレンマに陥っている。そうした問題意識を背景に、ブラウザのユーザーインターフェイス(UI)のコンセプトが、1996年ではなく、2016年に作られたとしたらどうなるか…

MozillaはMicrosoft Edgeに拡張機能のサポートが追加される時期を知っているのかも(追記あり)

最初に、本記事は憶測に基づくものであることをお断りしておく。以前の記事でも少し触れたが、Microsoftは、早くも2015年4月29日の時点で、Microsoft Edge(以下Edge)が将来的にFirefoxの拡張機能をサポートすると表明していた。これに対し、MozillaがWebEx…

ブラウザが価値を担うということ

Mozillaの新戦略 Firefox10周年のお祝いムードが一段落したところで、今回のキャンペーンについて振り返ってみたい。Mozillaは、Firefoxと特定の価値とを強く結びつけるという大きな一歩を踏み出したように思われるが、本当にそれでよかったのだろうか。たと…

Do Not Trackがデフォルトでオンではだめなのか?

どうにも腑に落ちないので覚え書きを残しておきたい。Mozilla Japanブログ『Do Not Track - 重要なのはユーザ本人の意思を伝えること』によれば、Do Not Track(以下DNT)について、「そのシグナルが、ソフトウェアメーカーではなく、実際に画面に向かってい…

スライド紹介『Thunderbird 3のご紹介と企業に求められるカスタマイズ』『Mozilla Products and Future Web』

恒例のスライド紹介である。今回は、Makoto Kato氏とdynamisさんが作成されたスライドを1本ずつ掲載する。Makoto Kato氏の『Thunderbird 3のご紹介と企業に求められるカスタマイズ』は、Mozilla JapanのTechnical Adviserという肩書きをもち、Tb3のGlodaのC…

KompoZer 0.8 Beta 1

紹介が遅れたが、10月12日にKompoZer 0.8 Beta 1がリリースされている。Alpha 4から5か月かかってしまったが、新機能の追加とともにバグ修正もなされて完成度はかなり高まった。 ローカライズ版も着々と 11月上旬に公開された新しいダウンロードページでは、…

Weave Sync 1.0 Beta 1のリリース迫る

つい最近バージョン0.8が出たばかりのWeave Syncアドオンだが、Mozilla Labsがアナウンス(『Coming soon - Weave Sync 1.0 Beta』)しているように、来週には1.0の最初のBeta版がリリースされる予定だ。もちろん、FirefoxとFennecの双方に対応している。1.0…

Firefox 3.6とThunderbird 3のスケジュール

Platform/2009-11-03 - MozillaWikiより。Firefox 3.6 RC1は11月26日(米国時間。以下同様)のリリースが目標。3.6 Betaは、自動アップデート機能を通じてアップデートが提供されることで「リビジョン」が向上し、たとえば「3.6b2」など、「3.6b#」の名称で…

スライド紹介『Mozilla New Products』『Fennec Introduction WinMoA3』

当ブログ恒例、Mozilla Japanのdynamisさんが作成されたスライドの紹介である。『Mozilla New Products』は、OSC 2009 Tokyo/Fallにおけるプレゼンテーション用資料で、Firefox 3.6やThunderbird 3の新情報が多く盛り込まれている。とくに、Thunderbirdに関…

リリース日程あれこれ 09/10/19

MozillaWikiのReleasesより。すべて米国太平洋夏時間(PDT)がベース。なので、日本時間に直すときは原則として+1日。まず、Firefox 3.6 Beta 1が10月21日。当初予定よりも3週間の遅れだ。Firefox 3.5.4 / 3.0.15は10月27日に延期されている。ビルドのやり…

MozillaがSkipScreenのホスティング続行を決定

Rapidshare、Megaupload、zShare、Mediafireなどのファイルホスティングサービスは、ユーザーがWebサイトからファイルをダウンロードする際、開始前に一定時間広告を表示する仕組みになっている。この広告をスキップする機能を提供するアドオンとしてSkipScr…

日本人作者限定の実験的アドオン集

Add-ons for Firefoxで「Sandbox (ja)」というコレクション(アドオン集)が公開されている。作者はMozilla Japanの吉野公平氏。(おそらく)日本人作者が開発したアドオンのうち、実験的なアドオンだけをリストアップしており、本記事執筆時点で、121個のア…

こんなところにBespinが……

Chromium Blog『Introducing Google Chrome Frame』を読んでいて、metaタグが設定されたWebサイトだけとはいえ、IEのエンジンをWebKit+V8に置き換えるプラグインをリリースするなんて、やっぱりGoogleが考えることは違うなあと思っていたら、紹介ビデオにBe…

AMOのアドオンランキング2009年版

Mozilla Add-ons (AMO)の開発者Justin Scott氏が毎年一回この時期にアドオンランキングを発表するようになって、今年で3年目である。fligtar.com『Top Ten Add-ons III』にトップテンが掲載されているのだが、2009年9月15日時点のAMOのデータを利用した、世…

Snowl 0.3pre3

バージョン0.3の最終プレビュー版となるSnowl 0.3pre3がリリースされている。SnowlはMozilla Labsの実験プロジェクトの一つで、Webブラウザのメッセージ処理に関してその可能性を探る試みである。本バージョンのリバービューでは、日/週/月をツールバーか…

TestSwarmのAlpha版サイトが一般公開

TestSwarmは、John Resig氏が中心となって進めているMozilla Labsのプロジェクトである。あらかじめ参加者を募っておき、中央のサーバーから接続中のユーザーに登録済みのJavaScriptテストが配布され、実行結果がサーバーに集計される仕組みだ。 Resig氏が『…

Mozilla.orgがリニューアルを達成

『Say Hello To The New Mozilla.org』が伝えているとおり、Mozilla.orgのWebサイトが新しくなった。デザインが従来のものから大きく変わり、現代的な作りになった。とはいえ、目に見えないところでも、サーバーを整備し、古いコンテンツを整理するなど、か…

AMO 5.0.9およびそれ以降に予定されている新機能

Mozilla Add-ons(AMO)は、リニューアル後も矢継ぎ早に機能の拡張を続けており、話題に事欠かない。Mozilla Add-ons Blogの『Coming Up for AMO』に今後の予定が記載されていたので、紹介しておこう。 Collections Phase II 今週末のリリースが予定されてい…

Firefox 3.5.4のスケジュールなど

各プロダクトのリリーススケジュールがまとめて更新された模様なので、まとめておきたい。なお、すべて太平洋夏時間(PDT)をベースとし、日本時間とはずれる。まず、Firefox 3.5系列の最新版となる3.5.4だが、今回もFirefox 3と歩調を合わせ、Firefox 3.0.1…

Weaveの方向性

Mozilla Labsの『What’s up with Weave?』で来たるWeave 0.6の開発目標が説明されている。0.6ではセットアップの簡略化と初回同期時のパフォーマンスアップに力を注ぐようだ。セットアップの点では、これまでいくつものステップを経ねばならなかったのを減ら…

Ubiquity 0.5.4でパーサが大幅に高速化

リリースノートが準備されるなど、登場を間近に控えるUbiquity 0.5.4だが、開発者の一人であるmitchoさんが『Performance vs Responsiveness -or- How I Made the Parser Twice As Fast in One Day』で語っているところによると、新パーサ(Parser 2)の処理…

Personasはアニメーションにも対応済み

直近のバージョンアップ(1.2.2)でThunderbird 3 Beta 3への対応を果たしたPersonasだが、『Animated Personas? Sure!』によれば、実は以前からアニメーションをサポートしていたそうだ。使用可能なフォーマットは、aPNGとアニメーテッドGIFの二つだが、残…

実用的な速度に近づいたWeave 0.5

MozillaZine.jp『Weave 0.5 がリリースされた』で既報だが、Mozilla LabsからWeave 0.5が出ている。クライアントプログラムであるWeave Syncは、Firefox 3.5 - 3.6a1preで動作するアドオンで、Mozilla Add-onsからダウンロードできる。本バージョンの目玉は…

Mozilla Japanのアドオンライブラリ

Mozilla JapanがMozilla Add-ons(AMO)とは別にアドオンライブラリを管理していることは広く知られているが、内部的にはこれをAMJと呼んでいるらしい。addons.mozilla.jpというアドレスに由来する略称である。AMOがあるのに、なぜ独自のライブラリを持って…

Ubiquity 0.5その他Mozilla Labsの動向

Ubiquity 3週間延期という話になっていたはずのUbiquity 0.5だが、各所で既報のとおり、早々とリリースされた。『Announcing Ubiquity 0.5』が公式発表だが、これまで当ブログで言及してきた内容と重複するため、そちらを参照してほしい。なお、mitchoさんが…

実験的アドオンは廃止の方向へ

Mozilla Add-ons(AMO)は、「サンドボックス」モデル、つまりスタッフ(エディター)によるレビューを受けていないアドオンを限定された形でのみ公開するという枠組みを捨てるつもりだ。Mozilla Add-ons Blog『Removing the Sandbox』でその意向が明らかに…

Ubiquity 0.5を日本語で紹介するビデオ

これまでプレビュー版が公開されてきたUbiquity 0.5だが、もうすぐ正式版がリリースされるようだ。それに合わせて、Ubiquity開発者で新パーサを担当されたmitchoさんが、日本語による解説動画を公開した(『Ubiquity 0.5 日本語紹介ビデオ』)。Ubiquityに関…

Weave 0.4.0がリリース

Mozilla Labsがアナウンスしているとおり、Weave 0.4.0がリリースされた。クライアントプログラムであるWeave Syncは、Firefox 3.5 - 3.6a1preで動作するアドオンで、Mozilla Add-onsからダウンロードが可能だ。Weave Syncがこれまで同期に対応してきた項目…

Ubiquity 0.5がプレビュー版として登場

革新的なUbiquity 0.5については、少し前に軽く紹介した。そのときの様子だと最初から正式版が出そうだったのだが、実際にはまずプレビュー版としてリリースされた。とはいえ、Ubiquity 0.5 Preview Releaseは、フル機能を備えており、ユーザーからのフィー…

Ubiquity 0.5がもうすぐ登場

コマンドの国際化に対応した新しいパーザを搭載するUbiquity 0.5が、米国時間の6月22〜23日にリリースされる。新しいロードマップが公開されたことで、明らかになった。新バージョンでは、まず、英語・日本語・デンマーク語をサポートし、今後のバージョンア…

コレクションは幸先のよい出足

Mozilla Add-ons(AMO)が最近投入したコレクション機能が好評のようだ。Mozilla Add-ons Blogの『A week of collections』によると、最初の週に1万1千以上ものコレクションが作られ、その中には3500種類ものアドオンが含まれていたそうだ。公開されたコレク…

Songbird 1.2がリリース

Firefoxと共通のGeckoレンダリングエンジンを搭載したオープンソースのメディアプレイヤー、Songbird。Mozilla版iTunesともいうべきこのソフトの、バージョン1.2がリリースされた。当初は5月中のリリースを予定していたので、若干遅れたことになる。 新機能 …

アドオンの紹介方法に関するバリエーション

Firefox 3が颯爽と登場した頃とは違い、単純にスピードだけを比べると、Firefox 3.5はGoogle ChromeやSafari 4に勝てない。わずか1年の間に、状況は大きく変わってしまったのだ。そんな中、Firefoxが他との差別化を図ろうと思えば、アドオンを売り込んでいく…

Mozilla Add-onsには何個のアドオンが存在するのか

Mozilla Add-ons(AMO)のJustin Scott氏が、『How many add-ons are there?』の中で、AMOが管理しているアドオンの個数についてまとめている。それによると、Firefox対応の拡張機能+テーマで、AMOのレビューを経て公開されているものは、2965個(2009年6月…

AMOの主眼は「おすすめ」からコレクションへ

Mozilla Add-ons(AMO)がリニューアルされ、デザインが大幅に変わっただけでなく、コレクションと呼ばれる新機能が導入された。変更点の概要は『Firefox Add-onsからAdd-ons for Firefoxへ』で紹介したので繰り返さないが、ポイントは、特定のアドオンに人…

Ubiquity 0.5の新パーザに関するプレゼンテーション

Mozilla Labsのmitchoことアーリーワイン・マイケル芳貴氏が、Tokyo 2.0(日本最大のバイリンガルweb/techコミュニティだという)でUbiquityに関するプレゼンテーションを行った。mitcho氏が担当する新パーザが重点的に紹介されている。このパーザは、数週間…

二分法を超えて

話題になってたので『梅田望夫さんに聞く』前後編を読んでみたんだが、梅田氏が「エリート/大衆」みたいな図式を持ち出して平然としていることに軽い目眩を覚えた。日本のWebは「残念」 梅田望夫さんに聞く(前編) (1/3) - ITmedia NewsWeb、はてな、将棋…

Ubiquityの次期バージョンは0.5

バージョン0.1.8で動きが止まり、Ubiquity 0.2がなかなか出ないと思っていたら、Mozilla Labsは次のバージョンを0.5にするようだ。『Ubiquity 0.5: Call for Participation』によれば、6月中旬のリリースを目途に開発中の次期Ubiquityは、多くの変更点と新機…

Google Chromeの拡張機能が選んだ道

Google I/Oで、Google Chrome(以下Chrome)の拡張機能に関するプレゼンテーションが披露され、その資料がChromium Blogで公開された。そこには『ブラウザはどこまで自動でアップデートすべきか』で示した疑問への回答も一部述べられており、とても面白いス…

取り組むべきバグを見定める

FirefoxをはじめとするMozilla製品に対しては、毎日活発なバグ登録が行われている。ここでいう「バグ」は、動作の不具合に限らず、新機能の要望なども含む広い概念だ。その数は膨大だが、開発リソースには限りがあるため、取り組むべきバグを選別する必要が…

KompoZer 0.8 Alpha 4

KompoZer 0.8 Alpha 4がリリースされた。Alpha 3で発生したバグを解消すべく、ごく短期間のうちに出されたバージョンである。Windows版、Mac OS X版、Linux版のほか、ソースコードもダウンロード可能になっている点は従来と同じだが、ついに公式サイトのダウ…

彼らのいる場所は

MozillaのDave Townsend氏が、Googleマップを使って、Mozilla Corporationや公式アフィリエイトの従業員が世界のどこで勤務しているのかを示す地図を作った。 さすがに個人名などは出ないが、場所ごとの従業員数はわかる。マウンテンビュー(カリフォルニア…

Firefox 3.0.12のスケジュールなど

「Scene Side B」で既報だが、Firefox 3.0.12のスケジュールは、コードフリーズが6月16日(米国時間。以下同じ)、リリースが7月14日と決まった。ただ、おそらく3.0.12がリリースされる頃には、Firefox 3.5正式版が登場しているだろうから、相対的な重要性は…

Personas 1.1がThunderbird 3に対応

Firefoxにスキンを適用することで再起動なしに見た目を変更していけるPersonas。このアドオンが1.1にバージョンアップし、Thunderbird 3に対応した。リリースノートが出ていないので、開発者によるフォーラムの投稿を参照すると、Personas 1.1は、さまざまな…

アドオン紹介ページの刷新

Mozilla Add-ons(AMO)のリニューアルは続く。カテゴリのページが変わり、フロントページが変わったら、次はアドオン紹介ページだ。『アドオンへの寄付を促進する計画』で紹介した寄付システムのパイロット版も、ここに組み込まれる。 新ページでは、表示内…

gContactSync 0.2

ThunderbirdとGmailの連絡先を同期させるアドオンとしては、本田雅一氏おすすめのGoogle Contacts(h.ogi氏作)があるけれども、あいにくThunderbird 3にはまだ対応していないようだ。筆者はThunderbird 3 Beta 2をGmailクライアントにしているので、他にな…

アドオンへの寄付を促進する計画

Mozillaは、ユーザーによるアドオン作者への寄付を促進する計画だ。Mozilla Add-ons Blogの『Contributing to a healthy ecosystem』によると、寄付システムのパイロット版を6月末までに立ち上げるという。システムの詳細は明らかになっていないが、コメント…

KompoZer 0.8 Alpha 3発表

Alpha 2から一月あまりしか経っていないが、KompoZer 0.8 Alpha 3がリリースされた。少人数で開発されているアプリケーションであることを考えれば、早いペースと言えるだろう。Windows版、Mac OS X版、Linux版のほか、ソースコードもダウンロード可能になっ…