読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mozilla Flux

Mozilla関係の情報に特化したブログです。

マルチプロセス化の完全実施に先行してFirefox 54で多プロセス化を開始

Firefox 48でマルチプロセス機能(e10s)が導入され、Firefox 50から52にかけて、RTL言語ロケールやタッチスクリーン環境でも順次e10sが有効化されるようになった。また、拡張機能をインストールしている環境でも、WebExtensionsベースのもの(Firefox 49以降)やe10s互換性のあるもの(Firefox 50以降)については、有効化を妨げないようになった。若干予想外な出来事として、Firefox 51で追加された拡張機能のホワイトリストがその後撤回され、Windows版でアクセシビリティツールが動作している場合はFirefox 55まで有効化が延期されるといったことがあったものの、2017年4月3日(米国時間)時点で、リリース版ユーザーの52.82%がe10s有効化に至っている。

こうした状況を踏まえ、MozillaはFirefoxの多プロセス化を実行に移す。その中心はcontentプロセスの複数化(e10s-multi)だ。最近までFirefox 55がそのターゲットとされていたが、Firefox 54に前倒しされる可能性が高くなってきた。

2017年1月下旬にFirefox Nightly 54で2つのcontentプロセスが(Bug 1303113)、3月中旬にFirefox Nightly 55で4つのcontentプロセスが(Bug 1336398)、それぞれ有効化され、4月上旬にはFirefox Aurora 54でも4つのcontentプロセスが有効化された(Bug 1304546)。この流れはロードマップどおりであり、あとはBeta版でのテストを経るのみとなっている。

Mozillaがe10s-multiにおいてcontentプロセスを4つまで増やす背景には、省メモリ化の進歩がある。Are they slim yet, round 2 – Eric Rahmによれば、2016年2月から1年余りの間にデスクトップ版の各プラットフォームで、多プロセス化した場合の消費メモリが顕著に低下したという。1年前にcontentプロセス×1で消費したメモリ量は、現在のWindows版だとcontentプロセス×2に相当し、macOS版に至ってはcontentプロセス×4に相当する。Chromeとの比較でも優位に立っていて、特にWindows版/Linux版では差が大きい。

f:id:Rockridge:20170430221823p:plain

e10s-multi以外の多プロセス化については、mozilla.dev.platformのAll the processesスレッドにまとめられている。既にWindows版ではGPUプロセスの導入が始まっており、今後はWebExtensionsベースの拡張機能PDFium/Pepper API版Flashのほか、Service workerも独立したプロセスの対象となっていく。

以上のように多プロセス化が展開される一方、その基礎となるe10s有効化は完全実施の時期がFirefox 57まで延期された。当初はFirefox 53で実現する予定だったが、拡張機能のe10s対応がMozillaの想定していた以上に進まなかった。

Firefox 56まで、拡張機能をインストールしている環境では、すべてがWebExtensionsベースまたはe10s互換性ありになっていない限り、e10sは有効にならない。そのため、古い拡張機能を使い続けている場合、Firefox 57にアップデートした時点でその拡張機能が動作しなくなるばかりか、本体がいきなりe10s-multiの状態になる。一部では混乱もありそうだ。