読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mozilla Flux

Mozilla関係の情報に特化したブログです。

Chrome向けFeedlyはてブ拡張をFirefoxで使う方法

2016年末にFeedlyをはてブ対応させるChromeエクステンションがChromeウェブストアで公開された。Otchy氏が自作のユーザースクリプトを拡張機能化したもので、Feedlyのリスト画面にはてなブックマークの数を表示してくれる。

ユーザースクリプト版がFeedlyの仕様変更に伴って動かなくなっていたので、開発が再開されたのは嬉しい限り。しかし、Chrome向け拡張機能なので、これまでみたいにFirefoxにGreasemonkeyを入れて使うというわけにはいかない。何とか動かす方法はないものか。

Chrome Store Foxified(以下CSF拡張)を使うのがよさそうだ。この拡張機能をFirefoxにインストールした状態で、Feedly はてブ - Chrome ウェブストアを開く。すると、ふだん右上隅に「CHROME に追加」と出るところが、「ADD TO FIREFOX」へと変わっているはずだ。これをクリックする。

f:id:Rockridge:20170109182106p:plain

CSF拡張のメニューが出てくるので、自分が使用するFirefoxのチャンネルを踏まえて選択する。たとえばNightly/Auroraチャンネルであれば、「Save Unsigned Addon to File」を選択し、保存したXPI形式のファイルをアドオンマネージャからインストールすればOK。予めxpinstall.signatures.requiredの設定をfalseに変えておくのを忘れずに。Mozilla Add-ons(AMO)からデジタル署名を得ていない拡張機能を使えるようにしておく。

f:id:Rockridge:20170109183429p:plain

Beta/リリースチャンネルの場合、もう少し手間がかかる。AMOのデジタル署名が必須なためだが、CSF拡張には「Sign Add-on then Install」という選択肢がちゃんと用意されている。ただし、AMOへのログインが必要なので、Add-ons for Firefoxのページの最上段に「ユーザー登録 / ログイン」とある箇所から事前にログインしておく。ここで要求されるのはFirefoxアカウント。Firefox Syncを使っているなら、既に持っているはずだ。ちなみに、AMO独自のアカウントは2016年8月31日をもって廃止された

CSF拡張が素晴らしいのは、AMOから非公開のアドオンとしてデジタル署名を取得する処理を、自動で行ってくれる点。しかも、UUIDの衝突を回避する仕組みを備えており、ユーザーはAMOに近い感覚でChromeウェブストアの拡張機能をインストールできる。

Feedlyはてブ拡張がインストールできたら、Feedlyを開いてみよう。はてなブックマークの数が表示されているはずだ。筆者はFirefox 50.1.0で動作を確認した。なお、当然ながらアドオン作者の保証外の行為だし、自動アップデートもできない。

f:id:Rockridge:20170109190048p:plain

作者のOtchy氏は以下のように述べているが、ECMAScript Next support in Mozilla - JavaScript | MDNのとおり、FirefoxでもES2016のサポートは着実に進んでいる。Webの互換性が確保されている状況も、素敵な事ではないだろうか。

もともと書いていたユーザースクリプトが動かなくなって、エクステンションが必須だな、となった後もしばらく重い腰を上げられなかったのは、やはり上記で説明したような諸々が面倒そうだなー、と思っていたからでした。その重い腰を上げるきっかけになった一つは、そう、Chrome だけがターゲットという事は、「生の ES2016 で書いて問題無い」という事に気づいたからです。何と素敵な事でしょう。

超最低限の Chrome エクステンションを開発しウェブストアで公開するまでの手順 - Qiita