読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mozilla Flux

Mozilla関係の情報に特化したブログです。

Firefoxは2017年も変則的なリリース間隔を採用

Fx新着

2016年に入ってから、Firefoxのメジャーアップデートのリリース間隔は6週間に固定されなくなったが、この方針は2017年も継続される。RapidRelease/Calendar - MozillaWikiに記載されているとおり、6週間から8週間の変則的なスケジュールが採用され、年に7回のメジャーアップデートが行われる。

以下がその内容だ(米国時間ベース)。なお、2017年のクリスマス付近にリリース予定日が重ならないため、50.0.1のような特殊なスケジュールは組まれていない。

リリース予定日 正式版 ESR
2016-11-15 Firefox 50 Firefox 45.5
2016-12-13 Firefox 50.1.0 Firefox 45.6
2017-01-24 Firefox 51 Firefox 45.7
2017-03-07 Firefox 52 Firefox 45.8; 52.0
2017-04-18 Firefox 53 Firefox 45.9; 52.1
2017-06-13 Firefox 54 Firefox 52.2
2017-08-08 Firefox 55 Firefox 52.3
2017-10-03 Firefox 56 Firefox 52.4
2017-11-14 Firefox 57 Firefox 52.5
2018-01-16 Firefox 58 Firefox 52.6

変則的なスケジュールの場合、過去のように年8回のメジャーアップデートを行うことができなくなる一方、Update on 2016 Firefox Release Schedule | Future Releasesで指摘されているように、OSの大型アップデートなどのイベントに合わせてリリースのタイミングを柔軟に調整できる。また、今回、Firefox 49のリリースはバグ潰しのために1週間遅れたわけだが、こうしたことがあってもFirefox 50のリリース予定日を維持できるのは、スケジュールに余裕をもたせてあるからだ。

ESR(延長サポート版)についても、正式版のリリースサイクルが延びることは延長サポート期間が延びることを意味する。安定した環境を求めるユーザーにとって、サイクルが6週間固定でないことの恩恵は大きいといえるだろう。

2年続けて同様のスケジュールを採用し、しかも早々とこの時期(正確には2016年8月末)に2017年の予定を打ち出しているところをみると、Mozillaは今後もこのリリース間隔を維持していくと思われる。

(16/10/29追記)
RapidRelease/Calendarの修正に合わせて記載を更新した。

(16/11/15追記)
RapidRelease/Calendarの修正に合わせて記載を更新した。

(17/02/13追記)
RapidRelease/Calendarの修正に合わせて記載を更新した。