読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mozilla Flux

Mozilla関係の情報に特化したブログです。

Firefox 50でページ内検索結果の表示方法が変更(追記あり)

Fx新着

Firefox page search improvements - gHacks Tech Newsで既報のとおり、Firefox 50ではページ内検索結果の表示方法に変更が加えられた(Bug 384458)。ヒットした結果が目立つように、背景が薄暗く表示される一方、対象項目はかなり明瞭な形で強調表示されるようになっている。加えて、ヒット数の上限も100件から1000件へと引き上げられた。

f:id:Rockridge:20160612210920p:plain

ヒットした項目は、黄色っぽい背景のボックスごと飛び出たような感じになり、特に最初の項目は文字のサイズも大きくなっている。画面内に他にヒットした項目がある場合、それらは薄暗い背景にそこだけ光が当たったかのように明るく表示される。次の項目に移るときは、上記の黄色っぽいボックスが、ビヨーンとジャンプするようなエフェクトがかかる。全体的にかなり派手な印象だ。

f:id:Rockridge:20160612210939p:plain

面白い機能だが、デザインに関しては好みが分かれそうである。元の表示に戻したいときは、about:configの画面でfindbar.modalHighlightとfindbar.highlightAllの設定を両方ともfalseに変更すればよい。

(16/09/18追記)
この機能はFirefox 50では無効化されている。開発中に多数のバグが見つかったためだが、現在ではそれらも概ね修正されており、Firefox 51リリース版では初期設定で有効化される見通しだ(Bug 1291284)。なお、Firefox 50では完全一致検索のオプションが設けられている(Bug 269442)ため、ページ内検索機能の改良点がなくなったわけではない。

f:id:Rockridge:20160919001247p:plain

(16/09/29追記)
上記の追記後、Firefox Nightly 52以外では再び初期設定で無効とされた(Bug 1303248)。初期設定で有効化される時期は、Firefox 52リリース版に延期されたものとみられる。

(17/01/23追記)
本機能が初期設定で有効化される時期は、Firefox 52リリース版である(上記Bug 1291284参照)。