読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mozilla Flux

Mozilla関係の情報に特化したブログです。

FirebugはFirefox 49本体に統合 現行の2.0.x系列はマルチプロセス機能(e10s)に対応せず

Fx情報

Firebugは2006年から開発が続けられているWeb開発者向けツールで、「あなたはあらゆるWebページのCSS、HTML、及びJavaScriptをリアルタイムに編集、デバッグ、またはモニタすることが出来ます。」というのがうたい文句だ。Firefoxの拡張機能の中で最も有名なものの1つであり、現在でも200万人を超すユーザーがいる。開発チームのリーダーであるJan Odvarko氏はMozilla Corporationに在籍しているし、かつてはFirebugの動作に支障が出ることが、Firefox正式版のリリースを止めるバグ(Blockerバグ)にカウントされていたこともある。別格のアドオンといえるだろう。

そのFirebugが、Firefox 49で本体に統合される。公式ブログの記事"Unifying Firebug & Firefox DevTools"で説明されているとおり、FirebugはFirefoxの開発ツールに統合され、そのルック&フィールは開発ツールのテーマとして維持されることになる(Bug 1244054)。Pixel Perfect*1FireQueryWebSocket MonitorといったFirebugの拡張機能も統合版Firebugと協調して動作する。

f:id:Rockridge:20160626212728p:plain

他方、現行のFirebug 2.0.x系列は、Firefoxのマルチプロセス機能(e10s)に対応しない。といっても、すぐに使えなくなるわけではない。たとえばFirefox 48の時点では、拡張機能が1つでもインストールされているとe10sが有効化されない仕様となっている。Mozillaもe10sが拡張機能に与える影響の大きさは十分承知しており、しばらくは上記の仕様が維持されるだろう。それとは別にe10sの有効・無効を切り替える設定もあるので、無効化してFirebug 2.0.x系列を使い続けることも可能だ。今のうちにFirefox Developer Editionで統合版Firebugを少しずつ試しておき、2.0.x系列からの乗り換え時期を探る手もある。

振り返ってみると、Firebug 3が2.0.x系列とは大きく違った形になることは、早くも2014年11月の時点でアナウンスされていた。"Firebug 3 – next generation of Firebug"はFirebug 3 alphaがリリースされたときの公式ブログの記事だが、そこではFirefoxの開発ツールが充実していく中、Firebugの重複する部分を整理し、Firefox本体との緊密な統合を実現することによって、ユーザー体験とともにパフォーマンスや安定性を向上させるという方針が示されていた。また、Firebug 3 beta 1がリリースされた2015年10月には、"Firebug & DevTools Integration ★ Mozilla Hacks – the Web developer blog"という記事が出て、Firebug 3はFirefox本体の開発ツール上に築かれた薄いレイヤーとなり、Firebugの独自機能も次第に開発ツールに移植されていくと説明されていた。

Firebug 2.0.x系列がe10sに対応しないことも、2014年12月の時点でアナウンスされている。"Firebug 3 & Multiprocess Firefox (e10s) ★ Mozilla Hacks – the Web developer blog"で述べられている内容は、要するに、e10sが有効化されるとFirebugはchromeプロセス側に置かれる一方で、操作の対象となるWebページはcontentプロセス側に置かれるので、処理の全面的な書き換えが必要になるということだ。本体の開発ツールと競合するのが目に見えているのに、膨大なコストをかけて書き換えを行う理由はない。そこで開発ツールと統合されたFirebug 3が作られることになった。

ただ、微妙な方針の変化もあったようだ。2015年12月にFirebug 3 beta 3がリリースされたのを最後に、拡張機能としてのFirebugは提供されなくなり、2016年2月には"Merging Firebug into the built-in Firefox Developer Tools"という公式ブログの記事で、Firebug 3のすべての機能をFirefoxにビルトインされたツールにする旨が発表された。当初は拡張機能としてのFirebugを残す方針だったが、どこかの時点で完全統合の方針に切り替わったのだろう。上記の記事によれば、Firefox本体の開発ツールに欠けた決定的な機能を提供する場合にのみ、Mozilla Add-ons(AMO)でFirebug 3を公開するという。

Firebug 3の統合はFirefox 49で完了するが、現行版のあらゆる機能が本体の開発ツールに実装されたわけではない。Bugzilla@Mozillaには「Firebug Gaps」というバグが立てられており(Bug 991806)、今後もFirebug 2.0.x系列の機能の移植は続く。それでも、Firebugがその役割を終えたことは、Firefoxの開発ツールが1つのマイルストーンに達したことを意味する。WebExtensionsの普及という観点からも、Firebugが障害にならないのは大きいだろう。