読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mozilla Flux

Mozilla関係の情報に特化したブログです。

Firefox 47におけるアドオン利用の注意点

Firefox 47のバージョンアップ後、アドオン(拡張機能やプラグインなどの総称)を使っていて「あれっ?」と思ったら、以下の点を確認してみてほしい。

デジタル署名の強制を無効化する設定は残存

デジタル署名が付されていない拡張機能をインストール可能にする設定は、Firefox 48で削除されることになった。なのでFirefox 47ではこの設定(xpinstall.signatures.required)は生きている。

MozillaはもともとFirefox 42でこの設定を削除する予定だったが、削除時期は、まずFirefox 44へと延期され、次いでFirefox 46に延び、さらにFirefox 47という話になった。今回で4度目の延期である。開発者向けのノーブランド版Firefoxを提供する準備が遅れているらしい

拡張機能の互換性は低下

Firefox 47では、Firefox 3で導入されたFUELが削除された(Bug 1090880)。FUELは拡張機能の開発者向けにFirefoxが提供していたJavaScriptライブラリで、古くはFirefox 4で廃止される話が出ていたことを思えば、ずいぶん長くもったといえるだろう。

はてなブックマーク拡張は、最新版のバージョン2.3.12でFUEL依存を解消したが、2016年3月末でサポート終了となったはてなスクリーンショット拡張も、FUELを使っていたことが明らかになっている。こうした例から、最近メンテナンスされなくなっている拡張機能が、実はFUELに依存しており、Firefox 47以降で全く動かなくなるといった事態が予想される。

クリックして有効化するプラグインが増加

Firefox 47では、Adobe Flashを除くすべてのプラグインが、初期設定で「実行時に確認する」の設定になっている(Bug 1263630)。MozillaはFlashを除くNPAPIプラグインのサポートをFirefox 53で廃止する計画であり、今回の措置はその一環だ。

今まですぐに再生されていたはずの動画が再生されない場合、アドオンマネージャの〔プラグイン〕の欄を確認してみよう。「実行時に確認する」に設定されているプラグインを「常に有効化する」に変更すれば、挙動が元に戻るはずだ。