読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mozilla Flux

Mozilla関係の情報に特化したブログです。

地道なFirefoxインストーラの改良

Firefox本体のみならず、インストーラも改良が続けられている。たとえばFirefox 3.5では、Windows Vista以降を利用している管理権限のないユーザーがUACをオンにしている場合、権限の昇格を求め、Program Filesフォルダにインストールできるようにした(Bug 404541)。

その効果はてきめんで、Blog of Metrics『An Improved Experience for 2,000,000 non-Firefox Users』によれば、この権限の問題のためにインストールを諦めたユーザーはほとんどいなくなったという。

次のステップは、インストール直前の確認画面でFirefoxをデフォルトのブラウザに設定するかどうかを選べるようにすることである(Bug 508684)。

ささいなことと思われるかもしれないが、これまで少なからぬ初心者ユーザーがインストールステップの最初のほうに出てくるこの設定を見過ごし、前述の確認画面で初めて気づいて、デフォルトが変わるのは嫌だということでインストールをキャンセルしてきた。Blog of Metrics『More Changes Coming to the Firefox Installer』がその事実を明らかにしている。この調査を踏まえ、後の時点でも設定を見直せるようにしたのだ。Firefox 3.6のインストーラで導入される。

Robert Strong's Blog『App Update / Installer / Shell Integration status update』によれば、今後は残る大きな問題、firefox.exeのゾンビプロセスに対処していくそうだ(Bug 496207)。ゾンビのごとく残存してしまったFirefoxのプロセスがインストールを阻害するというこの問題、まだ解決策は出されていない。タイミングから見てFirefox 3.7に持ち越される可能性が高そうだ。