読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mozilla Flux

Mozilla関係の情報に特化したブログです。

Weekly Updates 2009-07-13

Mozillaのプロジェクト全体について開発状況を報告し合う会議が毎週開かれている。その報告のまとめがWeekly Updatesだ。2009-07-13版(米国太平洋夏時間:PDT)から注目の内容をピックアップ。

Firefox.next

フロントエンドで、非同期ロケーションバーの開発が進められている。スマートロケーションバーの処理速度を引き上げるもので、テストビルドが公開されているが、バグ修正によりTrunkと同程度の安定性を実現したという。

製品一般

Firefox 3.5.1の開発はやや遅れ気味のようだ。リリース目標が月末にまで後退した。「Windowsで起動が遅く感じられる問題」を修正するとしているので、例のテンポラリファイルが影響する件は対処がされるのだろう。また、報告が多いクラッシュバグに対処するほか、複雑なスクリプトを使用する言語での編集中におけるテキストレンダリングのバグも直るとのこと。

(09/07/15追記)3.5.1は緊急にリリースされる公算が高まってきた。コメント欄参照。

Thunderbird 3 Beta 3は7月21日のリリースに向けて作業中。コードフリーズ間際で淡々と報告されているところを見ると、スケジュールどおり出ると考えてよさそうである。

その他

Mozilla Add-ons(AMO)は、5.0.7が7月15日のリリース。タグによるアドオンの分類が加わり、寄付機能のパイロット版も披露される。5.0.8は8月5日のリリースを目指しているというから、続けざまに新機能を投入する模様。なお、AMOがホストするアドオンは、92%がFirefox 3.5に対応した。

Web開発チームからの報告では、Cesium 0.1のリリースが目につく。Cesiumは、YSlowによるテストを自動化するプロジェクトである。アナウンスによれば、リリースされたのは、ユーザーが選んだ一連のページを、あらかじめ設定した時間にYSlowでテストし、結果を保存して、グラフ表示するスクリプトであるらしい。

Metricsチームからは、Firefox 3.5のダウンロード統計について、より詳細な報告が控えている旨が発表された。