読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mozilla Flux

Mozilla関係の情報に特化したブログです。

Chrome向けFeedlyはてブ拡張をFirefoxで使う方法

2016年末にFeedlyをはてブ対応させるChromeエクステンションがChromeウェブストアで公開された。Otchy氏が自作のユーザースクリプトを拡張機能化したもので、Feedlyのリスト画面にはてなブックマークの数を表示してくれる。ユーザースクリプト版がFeedlyの仕…

FirefoxのFlashサポートがいつまで続くか予想してみる

段階的に減らされるFlashのサポート MozillaがFirefox 52でNPAPI(Netscape Plug-in API)プラグインのサポートを原則として打ち切る中、例外的にAdobe Flashプラグインだけはサポートが続く。プラグインが最新版であれば初期設定で「常に有効化する」扱いに…

Placesデータベースの読み書き処理を大きく減らす裏技(Firefox 49以降)

Firefoxはブラウジング履歴やブックマークなどの情報をPlacesと呼ばれるSQLiteデータベースに記録している。Placesが壊れてしまうとブックマークが失われたり、ロケーションバーからうまく候補を呼び出せなくなったりするため、Firefoxはジャーナルモードと…

Firefox 32の新しいHTTPキャッシュ(cache v2)とは

構想から2年半以上をかけてリリース版へ Firefox 32では、新しいHTTPキャッシュ(以下cache v2)が標準で有効化された。リリースノートでは、世代別GCの統合よりも上の、トップの項目に挙げられており、Mozillaがこの機能を重視していることがわかる。実際に…

型推論の実装は高速リリースサイクルの試金石だった

Firefox 9の目玉機能であるJavaScriptの型推論(Type Inference:TI)。この機能をリリース版に投入できたことによって、ようやく本当に高速リリースサイクルを維持するめどが立ったといっても過言ではない。それくらい、TIの実装は開発プロセスにおいて重要…

Electrolysis(e10s)は終わるのか?

Firefoxのコンテント・プロセス(Webページの表示部分)とクローム・プロセス(UI部分)を分離し、コンテント・プロセスをマルチプロセス化する流れは、既定路線と思われていた。しかし、Electrolysis(e10s)プロジェクトの先行きが不透明になったことで、…

Panoramaは電気分解(Electrolysis)の夢を見るか?

Mozillaの開発者たちは数年前からFirefoxのマルチプロセス化に取り組んできた(Electrolysisプロジェクト)が、プラグインの別プロセス化を達成した時点でFirefox 4の完成を優先することにしたため、しばらくの間その歩みはゆっくりしたものになっていた。し…

Webフォントのサポート

Firefox 3.5はCSS 3のWebフォント機能をサポートしている。原則として表示中のWebページと同じドメインからという制限はあるものの、サーバーからダウンロードしたフォントをページに適用することができ、ユーザーの環境に左右されることなく、デザイナーの…

Firefox 3.5 Beta 4に関するトピックの補足

フォーム履歴に保存期間が設定された Firefox開発者のJustin Dolske氏が、『Happy Form History Expiration Day!』で、Firefox 3.5のフォーム履歴について説明を加えている。それによると、Firefox 3.5のフォーム履歴データベース(formhistory.sqlite)には…

ブックマークと履歴の処理を改善

Firefoxの開発責任者の一人Dietrich Ayala氏が、『Front-end Performance in Firefox 3.5 and Beyond』で、Firefox 3.5のPlacesデータベースとスマートロケーションバーの高速化について説明している。Firefox 3は、デフォルトで180日間履歴を保存するが、Fi…

Firefox 3.5で新たにサポートされるCSS機能

Mozilla Developer Centerの『Firefox 3.5 for developers』と、Mozilla Wikiの『Evangelism/Firefox3.5』を参照して、Firefox 3.5で新たにサポートされるCSS機能について簡単にまとめてみた。 @font-face Web開発者とサイトデザイナーは、ユーザーがたまた…

Ogg形式のビデオ再生機能がBeta 4でパフォーマンスアップ

Firefox 3.5は、Ogg Theora/Vorbis形式のビデオファイル(含音声)を、プラグインなしで再生することができる。HTML5のvideo要素もサポートしているため、videoタグ内にOgg形式のファイルが指定されていれば、それを読み取って適切に処理してくれる。しかし…

Firefox 3.5の画像キャッシュ

"Gecko’s new image cache"より。Firefox 3.5の基盤であるGecko 1.9.1では、画像のキャッシュデータをハッシュテーブルを使って管理するようになっている。従来はネットワークライブラリ(Necko)のメモリキャッシュを使っていたが、こちらは画像以外のデー…

ブラウザはどこまで自動でアップデートすべきか

アップデートの分類 Firefoxには三つのアップデートがある。一つはセキュリティアップデートで、たとえばFirefox 3.0.7から3.0.8へとバージョンアップする場合だ。もう一つはメジャーアップデートで、Firefox 2からFirefox 3へのバージョンアップがこれに当…

100万のサイトで自動テスト

Firefoxの動作テストには、Litmusのような手動のもののほかに、自動化されたテストがある。Sisyphus(シーシュポス)と呼ばれるシステムを用いて実施されるが、その名が示すとおり、動作テストは終わりのない作業だ。Firefox 3では、Alexaが提供する上位100…

バグの優先順位

開発の進捗状況を紹介する際、当ブログではよくP1とかP2といった表現を使っている。Pは"Priority"の略で、数が若いほど優先順位が高い。しかし、その意味するところをちゃんと説明せずにきてしまった。最近、Mozillaの主要開発者の一人であるDavid Baron氏が…

Firefox 3でカラーマネジメント機能がオフの理由

Firefox 3.1では、カラーマネジメント機能がデフォルトでオンになる。Webブラウザのカラーマネジメントとは、ディスプレイの情報を使い、場合によっては画像に埋め込まれた情報も使って、画像の色をより正確に再現しようとする機能のことだ。この機能の説明…

セキュリティ・アップデートの開発プロセス

Firefox 3.0.6のリリース予定日は、米国時間で2009年2月3日だ。3.0.5のリリースが2008年12月16日だったので、7週間空くことになる。Firefox 3.0.3がリリースされた後、セキュリティ・アップデートの開発プロセスが変更されたことは、あまり知られていない。2…

Firefoxのデザインと「ビジュアル階層化」の関係

Firefox 3のデフォルトテーマである"Strata"。FirefoxのUIデザイナー、Alex Faaborg氏は、"Firefox Themes: The Contention Between Visual Hierarchy and Toolbar Customization"の中で、Strataのデザインが、「ビジュアル階層化」(visual hierarchy)とい…

Firefox 3.1で採用される高速化技術

Firefox 3.1では、最新の高速化技術が惜しげもなく投入され、現行のFirefox 3.0.xから体感できるレベルでスピードアップが図られている。今回はその主要な技術を紹介する。 TraceMonkey TraceMonkeyは、FirefoxのJavaScriptエンジンであるSpiderMonkeyを拡張…

Firefoxのバージョン

クリスマスころからFirefoxの開発ペースがスローダウンしてるので、新しい情報があまり入ってこない。そこで、今日はFirefoxのバージョンについて、基本的なことを話しておこう。まずは正式版。現時点で、3.0.5と2.0.0.20の二つがあるが、2.0.0.x系列はサポ…